ケーシング 扉|株式会社イワタニ

パネル製品・プレカット工法・冷凍・冷蔵庫・パネルクリーンルームケーシング技術で常にお客様のパートナーでありたい。メールからのお問合せiwatani総合サイトへ

ケーシング 扉

ケーシング 扉

ケーシングの扉のことで悩んでいる人は多いようですね。
住宅やオフィスの扉であれば、もしかしたらケーシング枠にしようか固定枠(一体枠)にしようか悩んでおられるのかもしれませんが、それは建築関係の専門の方にきちんと違いを問い合わせられたほうが良いでしょう。

ケーシング枠と固定枠との違いは見た目だけの問題ではなく、壁のクロスの仕上げなどにも関わって来ますので、引き渡し後に時間が経ってから扉の枠周辺で問題が起こったりしないようにして下さいね。

さて、当社はパネルメーカーですので、パネルにおけるケーシングと扉の関係についてのお話です。
もちろんパネル工法においても扉は重要なポイントで、あらゆる形状、あらゆるサイズの扉が存在します。
扉というのは、言うまでもなく開閉部分、つまり、人や物が出入りする場所です。
可動部なので耐久性も必要ですし、気密性や断熱性も必要です。

ケーシング 扉

特に特殊な空間のケーシングの場合、扉は鬼門にもなりかねません。
クリーンルームなどは必ず二重扉になっていて、エアロックがかかっています。
エアロックというのは、両方の扉が同時には開かないような仕組みです。
外部の空気が一気流入しないように工夫されているのですね。
部屋に入る前にエアシャワーを浴びたりするためもあるのですが、何よりルーム内の気圧を常に陽圧に保ち、空気の流入をさせないことのほうが重要です。
つまりこの場合、扉は圧力の番人でもあるわけです。
ケーシングと扉の関係、深いですよね。