ケーシング枠|株式会社イワタニ

パネル製品・プレカット工法・冷凍・冷蔵庫・パネルクリーンルームケーシング技術で常にお客様のパートナーでありたい。メールからのお問合せiwatani総合サイトへ

ケーシング枠

ケーシング枠

住宅のドアや窓にはケーシング枠と固定枠があります。ケーシング枠は室内のドアの枠や窓の額縁のことで、額縁の正面から見える面が二面あるので、一面の固定枠よりも重厚な雰囲気になりコストも高くなります。ケーシング(casing)には、枠組み、鉄管、ソーセージの皮という意味があり、建築関係だけでなく土木関係や機械関係の業者も使用している言葉で、枠組みであったり何かを包み込むものを指す言葉です。

イワタニが言うケーシングとは、断熱パネルあるいは防音パネルを使って、機械や製造ライン全体を覆うことです。ケーシングによりホコリやゴミを遮断できるので、厳しい衛生管理が必要な食品工場では非常に有効な方法です。

 

ケーシング枠

ケーシング技術は、トンネルフリーザーやスパイラルフリーザー、液晶フィルム製造ライン、防音室、空調用ダクトにも活用できます。空調用ダクトをケーシングした場合は、ホコリやゴミの侵入を防ぐだけでなく、運転音をカットしたり、断熱性能を上げて省エネ効果を得ることもできます。空調は作業員が快適に仕事をするために欠かせないものなので特に重点を置きたいところです。

ケーシングしたいけれど構造が複雑であったり、スペースが十分ないということもあるでしょう。また、空調ダクトは太さや形が様々で、這っている場所も異なるので難しく感じるかもしれません。イワタニでは、それぞれの状況に合わせて完全オーダーメイドで作るので、問題なくケーシングできます。ケーシングを取り入れることにより製造効率を上げ、より快適な環境で作業することが可能です。