クリーンルーム 遮熱|株式会社イワタニ

パネル製品・プレカット工法・冷凍・冷蔵庫・パネルクリーンルームケーシング技術で常にお客様のパートナーでありたい。メールからのお問合せiwatani総合サイトへ

クリーンルーム 遮熱

クリーンルーム 遮熱

クリーンルームには4原則があるということをご存知でしょうか?
それはクリーンルームがクリーンルームたるべき条件で、清浄空間を維持するため、そして向上させるために存在しているものなんです。

まず1つ目は、塵埃(じんあい)を外部から持ち込まないということ。
これはとても大事なことで、人や物が部屋に入る時に、一緒にチリやホコリが入り込むことで清浄が保てなくなることがほとんどなのです。
だから、クリーンルームの扉は二重になっていて、中に入る人は専用の服に着替えた上でエアシャワーを浴びてから入るのが基本です。
ワーク類は専用のパスボックスなどを通じて入れたり出したりするのが基本です。

2つ目は、入り込んでしまった塵埃は、すぐ排除出来る仕組みを作ること。
空気を循環させる回数を増やすのも良い方法。
局所排気と言って、塵埃が多く発生する場所を狙って空気を入れ替えるのも有効です。

クリーンルーム 遮熱

3つ目は、内部での塵埃の発生を抑制すること。
専用スーツの着用もそうですし、中で使う備品の材料にも配慮が必要ですね。
中の作業員が無駄に動かないというのも、実は重要なんですよ。

4つ目は塵埃を堆積させないこと。
内装の床材や壁材などを帯電防止仕様にして、静電気で塵埃が付着しないようにする工夫も大事です。

こうした工夫に加えて、遮熱効果を高める素材を使うことで、食品を取り扱う工場などでは理想的な空間を作っています。
一般的な方なら普段あまり気にしたことがないかもしれませんが、クリーンルームには様々な技術とノウハウとが活きているのです。