業務用冷蔵庫の特徴|株式会社イワタニ

パネル製品・プレカット工法・冷凍・冷蔵庫・パネルクリーンルームケーシング技術で常にお客様のパートナーでありたい。メールからのお問合せiwatani総合サイトへ

断熱パネルの設計はどうなっている?

断熱パネルの使用目的は多岐にわたりますが、高い気密性がありゴミやホコリをシャットアウトする必要のあるような、ケーシングなどにも用いられます。

断熱パネルを設計する上では、重量は大事な要素の一つです。ウレタンの断熱パネルの重量は厚さやサイズ次第で変わってきますが、イワタニのウレタン断熱パネルは、42ミリの厚さであれば1平方メートルで9.1キロから1.08キロほどになり、厚さが150ミリあると1平方メートルで16.1キロから17.8キロになります。表面材によってもいくらかは重量の違いがでるので、参考程度に把握しておくといいですね。
パネル自体の重さがあるため強度は自立させても問題はありません。ただ、壁や天井張りなどをするならパネルを製造する技術だけでなく、しっかりとした設計の技術や施工技術なども大事になってきますよ。

もし天井から断熱パネルを支えるとすると、鉄骨かコンクリートから縦横2.7メートル以下で3/8ボルトの吊りなどといった施行方法が挙げられます。
1本あたりの重さは80キロの計算になるのですが、間違えられないのでイワタニにおいては現場を調査することから始めて、設計の最初から丁寧に行っていくんですよ。他社で作った古いパネルの修理を頼まれた場合には、イワタニでは現場を見てから先方と共に改善していく道を探っていくのが特徴となっていますね。
安全で安心できるクオリティを維持してきていますし、信頼できる製品をずっと製造し続けているのです。それで『断熱パネルと言えばイワタニ』と言われることに誇りを持って仕事をさせてもらっています。断熱パネルのことでしたらぜひ一度イワタニにご相談下さいね。