プレハブ式パネル|株式会社イワタニ

パネル製品・プレカット工法・冷凍・冷蔵庫・パネルクリーンルームケーシング技術で常にお客様のパートナーでありたい。メールからのお問合せiwatani総合サイトへ

プレハブ式パネル

バイオ研究や医療施設用クリーンルーム、食品加工工場のクリーンルームなど、清浄を維持すべき空間を作り出すには高い技術力が必要です。クリーンルームをはじめとし、完全オーダーメイドで事業所、工場、商業施設内などにニーズに合った空間を製作しているのがイワタニです。イワタニでは、プレハブ式パネルを用いてクオリティの高い空間を生み出しています。

プレハブ式パネルとは、工場内で作られた規制のパネルを使って壁、天井などを現場で組み立て、あらたに部屋を作っていく工法のことです。コストが低く抑えられる、工期が短縮できるなどのメリットがあり、多くのお客様に満足していただいております。

ところが、プレハブ式パネルを使った空間作りにはデメリットがあります。既存のパネルはすでにサイズが決まっているので、間取りやデザインに規制があり、自由度はほとんどなく企業の事業所や工場内などの空間を活かしきれないのです。そこで、イワタニは、プレハブ式パネルのデメリットを改善しようと工夫しました。

現場を事前調査し、現場やクライアント様のニーズを把握したうえで一番効率の良い方法を模索してオーダーメイドでパネルを製作するようにしたのです。個別に対応することによって、スペースを有効に活用できるようになりました。スペースは企業にとって財産の一つだと私たちは考えています。有効活用することで、クライアント様にも、より満足いただけるようになったと考えています。