株式会社イワタニ|シートシャッターの特徴

パネル製品・プレカット工法・冷凍・冷蔵庫・パネルクリーンルームケーシング技術で常にお客様のパートナーでありたい。メールからのお問合せiwatani総合サイトへ

シートシャッターの特徴

シートシャッターの特徴シートシャッターは工場や倉庫などの出入り口や搬入口に設置されているシャッターです。冷蔵倉庫やクリーンブースなどの入り口に設置されることもあります。素材にはポリエステルが使用され、ポリ塩化ビニールでコーティングされています。ポリ塩化ビニールは耐水性、耐酸性にすぐれ紫外線にも強いのが特徴です。シャッターには透明の窓がついているタイプもあり閉まったままでも中の状態を確認できます。

シャッターというとスチール製のものが身近ですね。ただ、スチール製のシャッターだと開閉に時間がかかってしまいます。そうすると仕事の効率も落ちますし、開いている時間が長いと虫やほこりも侵入しやすくなります。

シートシャッターは高速で開閉するので虫やほこりの侵入を最小限に抑えることができます。また、気密性の高いシートシャッターは防寒や防音効果もあります。エアカーテンを併用すれば冷気や暖気が逃げていくのをさらに抑えることができますし、虫やほこりの侵入、タバコのにおいなどの遮断の点でもさらに効果がアップします。またコンベアなどの他の機器と連動すればさらに作業効率が上がります。

シートシャッターは高速で開閉するので安全性も求められます。シャッターが下降している時に人やフォークリフトなどが通ると光電センサーやエアセンサーなどの働きで、シャッターが上昇するようになっています。このような機能があるので人がけがをしたり物が破損することもなく、安全に作業することができます。