株式会社イワタニ|ハニカムパネル 用途

パネル製品・プレカット工法・冷凍・冷蔵庫・パネルクリーンルームケーシング技術で常にお客様のパートナーでありたい。メールからのお問合せiwatani総合サイトへ

ハニカムパネル 用途

ハニカムパネル 用途

ハニカムパネルの「ハニカム」とは、英語の「honeycomb」、すなわち蜂の巣のことを意味しています。パネルの内部が蜂の巣のように六角形をしていることからこの名で呼ばれるようになりました。力学的観点から見ると、最小の材料で強度の高い構造を実現できるのがハニカム構造です。アルミハニカムパネルでは、アルミ箔を六角形のハニカム構造に成形し、その両面を面板で固定圧着することでパネル化しています。

ハニカムパネルには、体積の大部分が空気であるため、超軽量を実現できるという利点があります。また、力学的にも高い強度を保てる構造ですが、アルミを使用することによってさらに高い強度を実現できます。理想的な高強度と平面度、それに一般の金属素材と同じように表面処理や切削加工が可能という利点があるため、さまざまな用途が可能です。ハニカムパネルの使用例を挙げると、自動車、航空・宇宙、建材、医療機器、印刷機、太陽電池、半導体、家具、インテリアなど幅広い分野に及んでいます。

ハニカムパネル 用途弊社のハニカムパネルでは、コア材にケイ酸マグネシウムを採用して、超軽量かつ高強度のパネルとなっています。加工性にも優れているため、どのような加工にも応用でき、なおかつ品質を長持ちさせます。枠材にアルミを使用することで、さらに強度を高めつつ、軽量化の利点は損なわれないようになっています。重量物が衝突しても耐えられる強度があり、たわみにくくもなっていますので、工場などの作業場でパーティションとしての用途におすすめです。

パネル製品のことならイワタニにお任せください。ご要望に応じたご提案ができる自信があります。