断熱パネル 外壁|株式会社イワタニ

パネル製品・プレカット工法・冷凍・冷蔵庫・パネルクリーンルームケーシング技術で常にお客様のパートナーでありたい。メールからのお問合せiwatani総合サイトへ

断熱パネル 外壁

断熱パネル 外壁外壁に断熱パネルが使われるのは、外気から受けるあらゆる影響を遮断するためです。
今では一般の住宅にも使われるようになりましたが、業務用であれば建物の中をある一定の環境に維持するという役割を担う場合も多いですね。
商業施設であれば、不特定多数の人が常に出入りする環境でも、快適な空間を保つために大いに役立っています。
そのためには厳しい建築基準法や消防法の適合規準をクリアし、衛生面でも信頼のおける断熱パネルである必要があります。

断熱パネルに求められる性能には耐熱性や断熱性などがありますが、特に外壁であれば浸食性にも優れたパフォーマンスが必要です。
そして施工のしやすさや汎用性の高さなども求められます。
例えばイワタニの断熱パネルはコア材にセラミックハニカムを採用していますが、この構造は断熱パネルがとても軽量になり、作業性がアップするという利点があります。
適正設備条件や環境条件などに適合し、厳しい温度管理や安全管理をクリア出来るクオリティであることはもちろん大前提です。

断熱パネル 外壁断熱パネルは環境資源を保全し、CO2排出量を削減するためにも重要な役割を握っている素材です。
エネルギー効率が上がれば費用効率もアップするわけですから、人にも環境にも優しい考え方ですよね。
個人住宅、商業施設、工業や物流倉庫などのあらゆる建築物において、外壁に断熱パネルを利用するのは、生産性やエネルギー効率を上げる上で非常に正しい選択と言えます。