株式会社イワタニ| オフィス 断熱パネル

パネル製品・プレカット工法・冷凍・冷蔵庫・パネルクリーンルームケーシング技術で常にお客様のパートナーでありたい。メールからのお問合せiwatani総合サイトへ

オフィス 断熱パネル

 オフィス 断熱パネルオフィスに断熱パネルを使用するのは、いろいろな面で大きなメリットがあります。
シンプルに、中で働くスタッフの居住性を向上させるという点でも大きな意味がありますが、経営者が一番注目したいのは、空調の効率です。
オフィスにとって水道光熱費はじわじわと効いてくるボディブローのような存在。
かと言ってエアコン無しというのは現実的ではありません。

断熱パネルの性能は、熱伝導率に左右されます。
パネルには硬質ウレタンフォームが使われていますが、イワタニのパネルは厚さ42mmで0.50W/ ㎡・ K (0.42Kcal/ ㎡ h ℃)の断熱性能があります。

 オフィス 断熱パネル断熱材というのは、読んで字のごとく熱を断つための材料です。
断熱材を建築物の構造体の内側に貼り付けると内断熱、室外側に張り付けると外断熱となります。
目的は2つあり、省エネルギーと快適性の向上。
外か内かという違いは単純ではなく、水蒸気理論に基づいて設計されます。

どうして水蒸気?と思われるかもしれませんが、建築に深く関わるのが結露の問題です。
室内側に水滴がはっきり見えるような表面結露だけでなく、壁の内側や床下、天井などに結露が発生する内部結露の問題もあり、カビや建築物の寿命の面でも水蒸気の防止は非常に大きな問題なのです。

イワタニでは、新たに光触媒プレコート断熱パネルというものを開発しました。
こちらは蛍光灯などの可視光領域で、活性酸素の働きが起こり、抗菌・抗ウィルス・抗カビ・防臭などの効果を発生させるものです。
こんな断熱パネルが欲しかったとおっしゃる方は、是非お気軽にご相談下さい。