株式会社イワタニ

パネル製品・プレカット工法・冷凍・冷蔵庫・パネルクリーンルームケーシング技術で常にお客様のパートナーでありたい。メールからのお問合せiwatani総合サイトへ

内張り 断熱パネル

家に断熱材を取り付ける際は、基本的には壁に埋め込む形で施工されます。具体的には、木材や鉄筋コンクリートなどで骨組みを作って外壁を作った後に、骨組みの間などに断熱材材を敷き詰めていくという作業になります。これは床も同様です。しかし、これらはあくまで壁や床が完成する前の建築段階で行う作業であり、家が完成してからやっぱりここの壁にも断熱材を・・・となった場合、壁を壊したりするような大掛かりな工事が必要になってきます。古い家屋などでそもそも断熱材が入っていないような壁に断熱材を入れるのも同様ですね。

そのようなケースで活躍するのが断熱パネルです。断熱パネルは、壁や床を壊さずに、内張りによって施工を行うことが可能です。作業としては、例えば壁に内張りする場合は、現在貼っている壁紙を部分的にはがして壁を出し、壁の上から断熱パネルを内張りします。そしてパテ処理を行い、元通り壁紙を張り付ければ完成という大変簡単な作業で取り付けられます。家自体へのダメージは全くなく、たったこれだけで、夏場・冬場の室内の温度効率を劇的に改善することができます。

株式会社イワタニは、さまざまな断熱パネルの製造・販売・施工を行っています。山梨県を拠点に長野や静岡でも活動しており、豊富な施工実績を持っており業界からの信頼も得ています。冬の寒さや夏の暑さが大変で断熱パネルを取り付けたいと考えておられる方は、株式会社イワタニまでぜひ一度ご相談ください。