二重天井 空気循環|株式会社イワタニ

パネル製品・プレカット工法・冷凍・冷蔵庫・パネルクリーンルームケーシング技術で常にお客様のパートナーでありたい。メールからのお問合せiwatani総合サイトへ

二重天井 空気循環

屋内の空気循環を良くするために、換気用のダクトを二重天井の間に設置することが可能です。二重天井にする理由ですが、天井からチリやホコリを落ちにくくするためです。パネルでむき出しのダクトを囲むことにより、チリやホコリの侵入を防ぎます。ダクト内の断熱性能も上がり、省エネになるでしょう。

ダクトをパネルで囲う技術を「ケーシング」と言いますが、単に配管が表から見えないように囲っているわけではありません。空調用のダクトパネルは、なかで作業をする人が動きやすいデザインにする必要があります。空調用のダクトは取り付ける場所により形状が異なりますし、太さもバラバラです。作業する人の効率を一番に考え、クリーンな環境を維持するために欠かせない存在となっています。

ダクトを保護する以外に無駄なエネルギーを使わず、プラスに機能することが空調用ダクトパネルの本来の役割です。パネル自体に断熱性能を持たせることで、冷暖房費の大幅な節約になります。近年重要が増えているのは、天井をまるごとケーシングする方法です。屋根ごとパネルで囲うことで、クリーンレベルを高く保つことができます。空調ダクトがむき出しの場合は、パネルで囲うだけでエネルギー効率が高まりますし、空気循環も良くなるでしょう。

空調用のダクトパネルに関するお問合せは、山梨にある株式会社イワタニの本社または東京営業所までお願いします。サイト内のお問い合わせフォーム、または電話やFAXにてご連絡ください。