冷凍・冷蔵 宅配ボックス|株式会社イワタニ

パネル製品・プレカット工法・冷凍・冷蔵庫・パネルクリーンルームケーシング技術で常にお客様のパートナーでありたい。メールからのお問合せiwatani総合サイトへ

冷凍・冷蔵 宅配ボックス

食品の冷蔵・冷凍については、保管しておく食品の種類ごとに最適な温度に保つことが大切です。一般的に冷蔵庫は0~10度、冷凍庫の場合はマイナス18度以下に設定されています。冷蔵・冷凍と一口に言っても、温度管理は現場ごとに異なります。また、宅配ボックスの中にも、冷蔵・冷凍に対応しているものがあります。

イワタニでは、「トンネルフリーザー」や「スパイラルフリーザー」といったケーシングの技術を提供しています。トンネルフリーザーは、ベルトコンベアの始点から終点までをトンネルで囲っていることからこの名がついています。スパイラルフリーザーのほうは横ではなく、ベルトコンベアが縦に流れる仕組みになっており、省スペースで製品を大量冷凍できます。どちらも、食品工場などで取り入れられています。イワタニは冷蔵庫や冷凍室をオーダーメイドで制作しており、限られた空間を最大限に活かしています。

冷蔵・冷凍以外に「保冷庫」を取り扱っています。保冷庫は、収穫した野菜や果物などを新鮮なまま保管するために考えられました。冷蔵庫で言えば、「チルド」に該当します。冷蔵室より温度が低く、冷凍室よりも高い温度に設定されているコーナーです。冷蔵庫から保冷庫、冷凍室に至るまで完全オーダーメイドによりあらゆる温度に対応可能です。

イワタニの本社がある山梨県笛吹市は、有名なワインの産地として知られています。温度管理を一定に保つ必要のあるワインセラーを製造しています。ワインセラーに関するお問合せも、株式会社イワタニの本社または東京営業所にて受け付けています。