歩行者通路のパーテーション設置|株式会社イワタニ

パネル製品・プレカット工法・冷凍・冷蔵庫・パネルクリーンルームケーシング技術で常にお客様のパートナーでありたい。メールからのお問合せiwatani総合サイトへ

歩行者通路のパーテーション設置

「歩行者通路」と言っても、多種多様なレイアウトを必要とします。スーパーのバックヤードでは、商品や備品の置き場や休憩所、トイレや事務所などがパネルで仕切られていることが多いです。そんな手狭な中での歩行者通路の確保は作業をスムーズに行うためにとても重要です。特に生鮮食品や調理を行う店舗では、衛生面にも気を遣わなければいけません。

オフィスでは来客を考えて、応接室までの通路の確保を必要とします。作業場があるオフィスには企業秘密もあるでしょうし、人が通ることによって埃や塵が混入すると影響が出る場合も考えられます。この様な場合には、やはり通路の設置がされていた方が良いですよね。工場の場合でも、取引客や見学客が訪れる場合が考えられます。安全の確保と何より作業の妨げにならないように、しっかりと遮断された通路が必要と言えるでしょう。

歩行者通路は、人がすれ違っても余裕があるくらいの幅が必要です。車椅子等を考えるともっと必要かも知れませんね。法律では、片側に部屋がある場合は1.2m以上とされています。しかし、設置したい場所には柔軟性が必要なこともあります。扱う商品によって部屋のレイアウトを変えたり、工場やオフィスに関しては大規模な配置換えや移動があるでしょう。そんな場合には、パーテーションでの設置が適切です。イワタニなら、オーダーメイドの製品で様々なご要望にお応えできます。山梨に本社、東京にも営業所を構えるイワタニにお気軽にご相談ください。