工場自動扉パーテーション|株式会社イワタニ

パネル製品・プレカット工法・冷凍・冷蔵庫・パネルクリーンルームケーシング技術で常にお客様のパートナーでありたい。メールからのお問合せiwatani総合サイトへ

工場自動扉パーテーション

手を使って開閉しなくても自動的に開閉する自動扉は、当社にもお問い合わせやご相談が多いパーテーション案件です。工場の中でも食品を取り扱う工場においては、衛生管理のために自動扉は必要不可欠な設備ですよね。特に食品工場の場合には、設置する自動扉はHACCP(総合衛生管理製造過程)の規格に適合しているスペックでなければいけません。当社では、HACCP対応の自動扉を複数種類ラインナップしており、お客様のニーズや目的に合わせてお選びいただけます。

自動扉にはいろいろな種類があります。その中でもおすすめなのは、スライドタイプの電動ドアです。工場内においては、自動扉は汚染エリアと清浄エリアの間仕切のパーテーションとして使われることが多いものです。その場合、引き戸タイプの自動扉では、扉を開閉した際に空気の誘引があります。そのため、高い衛生管理が必要となる空間においては、おすすめではありませんね。しかし当社のスライド自動扉なら、空気の誘引を起こしません。高い気密性を維持しながら、間仕切りの内外とで空気が混在するのを最大限に防ぐことができます。食品工場のように高いレベルでの衛生管理が求められる場所などにおすすめです。

当社の工場自動扉パーテーションは、断熱性が高く熱伝導性は低いウレタン素材を使っています。財団法人建材試験センターでの試験では、A4等級の気密性をクリアしているハイスペックな素材と技術を集結した製品で、お客様に安心と安全を提供しております。自動扉のオプションとして、インターロックや電気錠、ラチェット動作機能や信号回路なども取り扱っています。山梨と東京で自動扉のご相談なら、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。