不燃断熱パネルを使用した施設の内装設計など|株式会社イワタニ

パネル製品・プレカット工法・冷凍・冷蔵庫・パネルクリーンルームケーシング技術で常にお客様のパートナーでありたい。メールからのお問合せiwatani総合サイトへ

不燃断熱パネルを使用した施設の内装設計など

不燃・断熱パネルとは国から不燃認定を受けている建築材の一つです。
不燃耐熱パネルという名前に表れているように、不燃材料と断熱材の二つを組み合わせて作られたパネルで、施設内の空間の温度調節に優れています。
また、同時に省エネルギーにも役立つ資材として工場や建物内部で用いられています。現在では一般住宅でもよく使われていますが、実はこの技術はプレハブ建築の歴史の中で培われてきたものです。

プレハブ建築が一般住宅にも使われるようになったのは、高度経済成長期で集合住宅が爆発的に増えていた時期です。このプレハブ建築から木造組立式住宅へと移行していくなかで、工場で作られたパネルを使って現場で組み合わせるパネル工法なるものが生まれました。
その後はパネルの不燃化が最重要視されるようになり、現在の建築現場では不燃断熱パネルを使用した住宅、建物が多くなっています。
またパネルの耐火性や耐食性も向上しており、設計も高度化しています。山梨のイワタニでは、このようなプレハブパネルを長年製造・施工してきた実績があるため、お客様に優れたオーダーメイドパネル製品を多数ご提供することができます。パネルは適切な設計・施工技術があれば、アルミサッシよりも防水性を高めることができ、風圧に強いため自然災害にも強くなります。

イワタニの強みは、これらのパネルがすべて自社工場でオーダーメイドされており、設計から施工まで完結できる点にあります。東京にも営業所を構えていますので、東京方面の方にもご利用いただいています。お問い合わせ・ご予約は、お電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ。