株式会社イワタニ|不燃・断熱パネルについて

パネル製品・プレカット工法・冷凍・冷蔵庫・パネルクリーンルームケーシング技術で常にお客様のパートナーでありたい。メールからのお問合せiwatani総合サイトへ

山梨 不燃・断熱パネル 株式会社イワタニ

不燃・断熱パネル不燃・断熱パネルというのは、耐熱性や断熱性に優れたコストパフォーマンスの高い建築材です。

その名の通り不燃材と断熱材とを組み合わせたもので、建物内の空間の温度管理に優れた機能を発揮し、省エネルギー化に高い貢献をします。

今では一般家庭でも当たり前のように使われているものですが、古くはプレハブ建築の歴史から紡がれて来た技術です。

山梨のイワタニも、こうしたプレハブ式パネル作りの経験があるからこそ、優秀なオーダーメイドパネル製品を数多くお客様にお届け出来るのです。

プレハブ建築が実際に住宅に使われ出したのは1941年頃だと言われています。
当時は高度成長期で、住宅営団などがどんどん作られていた時代ですね。
ここから木造組立式住宅へと引き継がれ、工場で生産したパネルで構成するパネル式住宅が誕生します。

その後、不燃化が最も重要な目標となり、住宅不足を解消しつつ不燃の強度を持つ現在に続くプレハブ建築が生み出されるようになったわけですね。

不燃・断熱パネルそうした長い建築の歴史の中から生まれた不燃・断熱パネルは、いまや屋根や壁材として欠かすことの出来ない建材となっています。
防火性能や耐蝕性も高くなり、デザイン性も高まる一方です。

設計と施工の技術があれば、アルミサッシ以上の水密性能を持たせることが出来ますし、耐風圧性もあるので、自然災害にも強い建築物が作れます。

そんなパネルをすべて自社工場でオーダーメイドし、設計から施工まで完結出来るのがイワタニの強みなのです。